環境改善・バリアフリー改善
事例1
事例2
事例3
事例4
事例5
 
環境改善・バリアフリー改善事例1
 
手すり取り付けなど高齢者対応措置
 
当事務所では、階段への手すりの取り付けなど、早くから様々な高齢者対応措置に取り組んできました。
2003年には、マンションなどの共同住宅も「ハートビル法」の対象建築物となり、2006年からは
「バリアフリー法」に引き継がれています。
 
※バリアフリー法
「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の推進に関する法律」これまでの「ハートビル法」と「交通バリアフリー法」とを統合拡充し、新たに制定された法。

バリアフリー法では、廊下等、階段、傾斜路などに対して、高齢者や障害者等が容易に利用することができるように、様々な基準が制定されています。

(例)階段…手すりを設け、路面の端部と他の部分との明度の差を確保する
 

折りたたみ式階段手すり取付け例
幅の狭い階段には、荷物搬入時に折りたためる木製手すりを取り付けました。
 
 
   
多摩ニュータウン豊ヶ丘5丁目3番住宅 階段廻り
 

既存鋼製手摺を撤去し、ステンレス製2段手摺を設置しました。
低い位置にも手摺棒を配することで、高齢者や子供に使い易い手摺としました。
 
       



Copy Right (C) 2008 SPACE UNION all right reserver.