設備改修
ライオンズマンション下赤塚
ドルチェ成城
エステート聖ヶ丘2丁目東団地
 
ライオンズマンション下赤塚(単棟型マンション)
   
DATA
業務 改修設計・監理
改修時期 2002年9月
入居22年次
所在地 東京都
規模 RC造
7階建て
1棟
64戸
   
   
 
   
給水システム更新
   
給水管は経年と共に、様々な劣化を生じる。ライオンズマンション下赤塚では、給水管の更新に併せて
給水方式も更新した。
従来の受水槽を使った給水方式から、増圧直結方式に切り替えることは、様々なメリットを生んだ。
   

内部が錆びた旧給水横引き管
(更新前)

ステンレス管による給水横引き間の更新
(更新後)
   

既存の受水槽を解体撤去して駐車スペースを確保
(更新前)

受水槽に代わり、コンパクトな増圧ポンプを設置
(更新後)
   
 
   
屋内給水管更新
   
ライオンズマンション下赤塚では、共用部の給水管更新と併せて、住戸内(専有部)の給水管更新もおこなった。
サヤ管ヘッダー工法を採用することで住戸内の改装を最小限にした。

サヤ管ヘッダー工法は、パイプスペースの「ヘッダー」から自由に湾曲する「サヤ管(ポリエチレン管)」を介して
各水洗器具に給水する方式で、更新工事が容易になることや、保温性、水圧安定性などの観点から、更生工事に
代わる工法として注目されている。
   
 

ヘッダー部分
 
   

サヤ管(ポリエチレン管)

一部の露出配管は天井部分で化粧カバーを取り付ける
   
 

床・壁の解体は最小限に留める
 
 
       



Copy Right (C) 2008 SPACE UNION all right reserver.